我が家のウサギ飼育環境
更新日2007年1月25日


「抱っこ」考察 その2

・「抱っこ」への道
まずはタブーのお話から..
家にお迎えしたばかりの仔ウサギはとても大人しいです。
抱っこしてもたぶん暴れません。ジーッとしてとても可愛いですよね..
でもズーッと抱っこをしたら.. 間違いなく抱っこ嫌いのウサギさんが完成します。

それはお迎え直後は大人しいのではなくて「怖くて固まっている」状態がほとんどだからです。この状態で抱っこをすれば、抱っこ=怖いの図式が完成します。
(中には初めから抱っこ好きな子がいるかもしれませんが)
なので、お迎え直後はウサギケージの中へいれて、
そおっとしておくのが得策だと思います。

大人になっているウサギさんの場合は、既に自我が形成されているので、
個性を尊重したうえで、対応するのがベストだと思います。
たとえば比較的甘えん坊な子ならば、抱っこもそう問題ないとは思いますが
ベタベタされるのが嫌な、孤高を好むタイプなら、抱っこはちと難儀ではないかと思います。
どちらにせよ、お迎え直後の場合は、まずは環境になれてから抱っこにトライするのが良いかと思います。

・抱っこの方法
基本的な抱っこはウサギさんのお腹を飼い主さんのお腹に密接させる方法です(縦抱っこ)
必ず両手でホールドします。安定感が悪いとウサギさんは嫌がります。
ホールドする時は、片方の手でウサギさんのお尻を、もう片方の手でウサギさんの背中を支えます
あんまりギュッと押さえつけるようにしてはいけません。ですが緩すぎてもウサギさんが逃げようとして落ちる可能性があります。
もし抱っこ時に暴れるようでしたら、飼い主さんのアゴでウサギさんの頭を軽く押さえてください →あごスリ
そうするとウサギさんは一時大人しくなります

ですが、この縦抱っこを嫌がるウサギさんもいます
そんな子の場合は、縦ではなく横方向にしてみます(横抱っこ)
この場合は腕でウサギさんの足4本を包むようにしてホールドします
この抱っこだと、片手が空きますのでウサギさんの頭をナデナデできるというメリットがあります
但し、この抱っこは嫌がるウサギさんの方が多いので、無理強いはいけません。
無理強いすれば、更なる抱っこ嫌いなウサギさんになってしまいますよ..

・抱っこのコツ
1.慣れないうちは長時間しない
 基本的にウサギさんは抱っこを嫌がります。
 ですから、抱っこは怖くないことをウサギさんに理解してもらう必要があります。
 また、慣れていない飼い主さんの場合も、ウサギさんが暴れてしまい床に落としてしまう等の危険性もはらんでいます。
 なので、ウサギさんも飼い主さんも、ともに抱っこに慣れていないうちは短時間、ほんの数分間(または数十秒間のみ)抱っこできればOKと考えましょう。
 どんなに抱っこ嫌いなウサギさんでも、毎日短時間(数十秒間でも)抱っこを続ければ
 大体数ヶ月〜半年、1年ぐらいになれば抱っこに慣れてくれると思いますよ。

2.習慣づけてしまおう
 たとえば、エサの時間、スキンシップの時間などには必ず抱っこ..というように
 毎日必ず行うようにします。
 おやつの時間や遊びの時間に行うのが効果的ですね。
 もちろん、この場合も基本的には短時間で、です。

3.めげない、負けない、くじけない
 抱っこへの道は険しく深く長いです..自分も何度ウサギどもに蹴られ弾かれ逃げられたことか
 ですが負けてしまえばそこまで。嫌われたとイジけていてもウサギさんは振り向いてはくれません。
 何事も継続こそ力なり、です。毎日嫌われても抱っこして頭撫でてとスキンシップを続けていれば
 ウサギさんも根負けして抱っこに心許す瞬間が訪れるハズなのです。
 確かにウサギさんの嫌がること(抱っこ)をすれば嫌われます。ですが..
 ちゃんとウサギさんにとっても自分を大事にしてくれていることが理解できれば振り向いてくれるのです。
 道のりは長いです。長期間徐々に慣れていってもらうという心構えでトライしてみてください。

・「ひっくり返し抱っこ」とは


抱っこもできるようになると、更なる上級バージョン「ひっくり返し」抱っこにチャレンジしてみてください。(左画像)
これが出来れば足うらチェックをはじめ、口元のチェックや爪きりまで出来るようになります。


方法はコツが掴めれば簡単。まず普通に抱っこ(縦抱っこ)をして、
そのまま画像のようにそっと仰向けにします。
ウサギさんは仰向け状態にすると、一種の催眠状態になったようにフリーズします。
ただし個体差があって全く効かない子もいますが..
仰向けにしていると、段々足が伸びてきて、だら〜んとなってきます。
そこを膝でバランスが取れるように、ウサギさんの背中をニーグリップではさむ様にすればOK
ちなみに、当サイト毎金曜日にミニレッキス・セバスチャンの足うらを公開していますが、
それは、この「ひっくり返し」抱っこの状態にして撮影しているものなのです。

次は爪きり考察です


[Top]