行楽シリーズ第一弾です。 更新日2003年10月31日

「四国ニュージーランド村」へ行ってきました。

※現在は閉園状態となっています。

日本各地にもあると思うのですが..。 ファーム形式のテーマパーク、観光牧場です。
園内には羊や牛などの家畜が放たれていて、プラス遊園器具があるという感じです。
牧歌的な雰囲気を求めて、6年ぶりにやってきました。
実は、結婚前にジョナばーやとここに来たことがありまして、それ以来なのです。

風景1 風景2

今日も四国はよい天気〜。ということでふらりと遠方まで足を伸ばしてみました。
ウチから高速+一般道を使って40分ぐらいのところにあります。
平日だったせいか、来援客はほとんどおらず。気軽に散策できましたね〜

うしさん
▲ 牛もいる
ひつじさん
▲ 羊もいる
エサやり風景
▲ エサも自販機で売っていたりする
(エサをやっているのはジョナばーや)


さて、ここにはウサギたちを飼っている小屋があるとのこと。
さっそく覗いてみることにしました...

ウサギ小屋 ウサギ小屋入口

なぜかウサギ小屋の横にアーチェリーの遊具があるので、アーチェリーとウサギの家となっているようです。
小屋は2重戸になっていて、夜間に襲われる心配がないようになっていましたね。

中は広く仕切られたウサギゾーンが幾つかあり、またケージにて飼われているウサギ達もいました。
小学校の頃のウサギ小屋特有のニオイがしましたが、飲み水やエサはキチンと与えられているようです。
エサは家畜用の飼料が与えられているようです。

ここのウサギ小屋では、ウサギ達を触れるようにはなっていませんでした。
おそらく触られるストレスから守る為なのかもしれませんね。
ウサギ達はのーんびりとお昼寝モードでした。

ケージの中にいるウサギ達は、集団生活に馴染めなかった子達のようです。
片耳がなくなっている子がいたり、近づくと飛び掛ってくるウサギ君もいましたね。
多頭飼育の難しさを示しているようでした。


モルモットとチンチラケージウサギ達以外に、モルモットやチンチラ、プレーリードックもおりました。
モルモット達は結構毛並みのキレイな子達ばかり。
なかなか人懐っこくて、ケージに近づいたら一斉に寄ってきましたよ〜

うちのモルたちとエライ違いだ..なんて思ってしまいました。

四国ニュージーランド村では、手作りパンや乗馬のイベントがあるそうですが、今回はオフシーズンの平日に行ったので、イベント等には遭遇しませんでした。

某アミューズメントパークのような派手なアトラクションはありませんが、
のほほんとしたい時には最適の場所かと思います。なんせ人があまりいないので..(失礼!)
動物好きな方ならシーズン問わずに楽しめるかと思いますよ。


[Top]